© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

    GRINDUROへの道 その2



    前回の続きからですが、ガラス化したフラックスを除去して、はみ出したロウを

    鑢で仕上げていきます。

    真ん中の穴はスリーブにロウを回すためと、トップチューブがこの場所に来るので、

    この後穴を貫通させます。裏側にも5mm程度の穴が開いていますが、これもロウを

    全体に回すためのもですが、回し終わったらロウで埋めて穴を消します。





    後はシートチューブと同じように、センターをケガいてそこにザグリ紙を巻いてザグって

    いきます。




    こんな感じです。

    私が使っているジグはBYOB FACTORY TOKYO

    で販売しております。基本モデルはオープンスロットのエンドしか対応していませんが、

    工夫次第でスルーアクスルフレームも作れます。

    (実際に以前私はこのジグでスルーアクスルフレームを作成しました)





    ボトルケージの位置を確認します。

    今回はフロントシングル専用バイクなので、シート側はギリギリまで低くできます。

    チェーンリングの位置も考慮しつつ(使うケージで微妙に干渉することもあるので

    ある程度余裕を持たせます)フレームバッグとの位置関係から台座位置を決めます。





    穴位置が決まったら穴をあけてボスをロウ付けします

    今回もそうですが、SSに1ヵ所,DTに2か所取り付けます。


    正味、このジグで三本目を作っているのですが、この後の仮付けは火を入れる順番を

    縦治具↓




    と、同じようにやっていたのですが、どうも調子よくないので、今回は考え方を変えてやってみました。




    一本ずつ仮付けして、都度修正してみました。

    ザグリが完璧にできていたら最後の一本はビタッと取り付けできるのですが、さすがにハンドシェイブしているのでそういうわけにも行かず、四苦八苦しながら削ったりしながらなんとか仮付けできました。





    この段階で歪みを修正して本付けします。





    いまだかつてないくらいきれいにロウ付けできました。

    ちょうどアセチレンが切れてしまったのでしばらくはロウの仕上げに専念します。



    続く


    93回の閲覧