© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

    GRINDUROへの道 その1

    今年はグラベル元年と言っても良いくらいに国内グラベルイベントが

    盛り上がっています。

    先週開催された HUB BIKELORE、明日明後日開催されるセルフディス

    カバリーアドベンチャー・イン・王滝のグラベルバイク部門、

    そして10月11,12、13日に長野県斑尾で開催されるGRINDURO JAPAN


    このグラインデューロは参加500人、28000円のエントリーフィーながら

    10分でチケットが完売してしまうほどのイベントなんですが、なんとか私

    はこのプラチナチケットをゲットできました。

    と、いうわけで前後の移動日も含めて10月は10日~14日までお休みをいた

    だきます。



    が、普通の人ならこのプラチナチケットを手に入れたらすることと言ったら

    ちょっと走りこんでみたり、新しいバイクを購入したりと思いますが、

    私はこのお店のオープンの準備があったりとバタバタしてしまったのもあり

    ますが、今日からグラインデューロの準備を始めました。





    先ずは設計からです!

    そう、1カ月切ったこのタイミングでニューフレームを作ります。

    どうせ、暇ってのもありますが、中々無いチャンスなので今まで作ってきた

    フレームの経験を活かして一旦集約的なフレームを作ります。塗装は間に合

    わないのでとりあえずクリアーの防錆スプレーだけ吹く感じになります。

    (一応過去の私のことを知らない方の為に補足説明しますが、私はいわゆる

    プライベーターという「プロビルダーではない、趣味でフレームを作っている

    アマチュアビルダー」です。まだ両手で数えるくらいしかフレーム作ってませ

    んので、人に売るとかは全く考えてませんが、この経験を活かしたお店にした

    いと思っておりますので、興味のある方はどうぞお気軽にご来店くださいませ)


    設計は自転車に特化したCADソフトBIKE CADを使用します。

    もっと複雑な設計をするならFusion360等の3DCADソフトを使う方が良いの

    ですが出来ることが多すぎて複雑なので、シンプルにBIKE CADを使います。




    メインパイプはTANGE、ヘッドチューブとエンドはPARAGONです。

    カーボンフォークは今回はRodeo Adventure Labs の Rodeo Spork 1.2を

    使用します。


    本来は縦フライス等で角度を決めて(ザグリ角度はBIKE CADで出せます)

    ホールソーでザグると一発できれいにできるのですが、そんな大型機械は無い

    ので、ザグリ紙を巻いて地味に削ってあわせます。






    BBシェルに水抜き穴をあけて、




    治具に乗せて仮付けします(ジグに乗せた写真を撮り忘れました)

    仮付けが終わったら定盤に乗せてハイトゲージで水平を見ます。

    大体、熱で反っちゃうのでグイグイやって修正します。




    シートチューブがシングルバテットなので、トップチューブ&シートチューブとの交点

    になる位置にスリーブを差し込んでロウ付けします。




    へたくそなのでちょっと焦げてしまいました(スリーブなんであんまり影響ないですけど)



    今日はここまでです。また明日以降作業を進めていきます。

    しばらくは地味にやってますので、興味ある方はお店で見ていただけますのでぜひに~




    130回の閲覧