© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

    固着力isパワー


    これは以前勤めていた会社で対処した作業の記録です。


    この業界ではよくある作業ですが、設備や技術でできないところも多い作業が「シートピラーの固着外し」です。

    このケースは私史上最難関でした。


    こういう固着持込のケースは決まった工賃が工賃が存在しません。簡単に取れれば少額ですが、最終手段にまで達すると数千円~一万円以上かかります。



    まず試すのがシートピラーを直接回転させて固着を外す方法ですが、車体をひっくり返してヤグラを万力でつかむのですが、



    こういう一体型なら良いんですが、




    こういう接着されたタイプは固着力にまけてこの部分から回転してしまうことがあります。こうなってはピラーを回すことはできません。




    そこでこれです。




    これでピラーをつかんで回すのですが、柄の部分は厚さが1.6mmあるパイプなのですが、普通の固着ならここで外れます。が、この固着は強烈すぎてクランプ部分が変形してしまうくらいに強烈でした。(実際に柄の方が曲がった)


    ここまで取れないとなると、フレーム側の錆ではなく、アルミとスチールが電着を起こしています。こうなるとかなり厄介です。






    一応、万が一の可能性に賭けてヒートガンと凍結ルブで膨張と収縮で取れないかと試しましたが駄目でした。

    こうなったらもう切るしかありません。




    めちゃくちゃ肉厚で、20センチ以上刺さっています。

    おまけに、このフレームはピラー径25.4mmでこの肉厚なので隙間がかなり狭いです。




    鋸で分割して割っていくのですが、深く刺さっている&肉厚なのできれいに切れません。普通(?)はこの戦法で除去できますが、相当厄介です。





    苦戦しながらなんとか「剥がす」ような感じで除去しましたが、これ以上は正攻法では無理ですので、次なる手をうちます。






    これで除去完了です。

    除去するピラーがアルミで、フレームがスチールなので、手にあたる感触でフレームを削っていないかどうかは分かりますが、うっかりこれでフレームに大穴空けちゃう方もいるようなのでお気を付けください。




    しっかり内面を整えて完成です。




    今回は塗装を残す方法で作業をしましたが、ピラー径がもっと太く、肉厚が薄ければリーマーで内側から削り取る方法も選択できたのですが、そんな細いリーマーが無かったので荒業で解決しました。

    塗装は無くなりますが、最終手段で火であぶるという方法があります。




    アセチレンと酸素の混合ガスだと3000度以上になります。

    スチールは合金によりますが融点が1600度前後、アルミ合金は700度辺りまでなのでフレームを加熱してピラーを溶かして掻き出すという方法が最終手段です。

    よほど思い入れがあるとか、価値のあるヴィンテージバイクじゃなければ金額もかなりかかるのでお勧めはしませんが、取る方法はあります。(スチールフレームでしかできません)


    この辺りの作業が出来るショップは中々ありませんので、固着でお困りの方はあきらめずに一度ご相談ください。



    明日(9月30日)は定休日です。

    それではよろしくどうぞ!


    1,871回の閲覧