© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

    こういう感じの車体も扱っています。



    2020年モデルが当店にも入荷してきました。

    世の中はディスクロード花盛り、雑誌ではどのモデルが良いとかそういう記事でいっぱいですね。次期DURAACEではリムブレーキモデルが無くなるなんてまことしやかに囁かれてゃいますが、 いいんだよこまけぇことは 。自分が思うカッコいい自転車に乗ればそれが最善最高。


    今回入荷したのは

    NESTOのディスクロード




    ALTERANA DISC ¥139,000-(+税)


    このオルタナディスクは昨年からの継続モデルですが、




    フルカーボンテーパードフォーク




    前後スルーアクスル

    ブレーキはメカディスクですが、この価格でドライブトレインはR7000を使っているところ考えると破格の値段設定。




    ハブはNOVATEC、ローターは前後140mmで中々ツウなアッセンブル。




    意外とショップスタッフでも知らない人が居るのですが、スルーアクスルはフレームに付属するもので、規格がいくつか存在します。

    シャフト径(12、15、20mm)ネジピッチ(1,1.5,1.75mm)シャフト長 です。ディスクロード、CX、グラベルだと、シャフト径はほぼ前後12mmで統一されていますが、古いモデルや一部メーカーでMTB系でフロントが15mmってやつもあります。ネジピッチはメーカーによって違いがあり互換性はありません。

    オルタナはシマノEスルーシャフトですが、ピッチ1.5mmのシャフトをEスルーというのではなく、レバーにロック機構があるシマノ製のスルーアクスルシャフトの事をEスルーと言います。




    下のシャフトは今私が作っているフレーム用のシャフトですが、どちらもピッチは1.5mmですので、オルタナのフレームに下のシャフトを使う事ができます。


    他にもネジではなく、フォーカスのR.A.T.や、 SR SUNTOURのQ-LOC2等独自規格の物もそんざいします。ちなみに、キャノンデールやルックが採用しているスピードリリースはネジが切っていますが、上記のピッチのどれでもない「二条ネジ」という特殊なネジが切っていますので今のところMAVICが出しているシャフトしか使えません。


    後、長さですがシマノEスルーもエンドの厚みに決まりがあって、それ以上の厚さのエンドのモデルではネジがしっかり締めこめないので最大の固定力は得られないのでお気を付けください。やはりDTが猛烈な種類のシャフトを展開していて、今期から代理店もそこそこの種類のシャフトをラインナップしています。

    (厳密にいうとネジ部の長さも影響しています)



    さて、話がそれましたが




    組み立てもしっかりとやっております。

    メカディスクはしっかり面を出してあげないと、かなりタッチに影響を及ぼします。




    そういえばこのホイールのデカールの貼り方は何かを想像させますね(笑)





    標準で25Cのタイヤがついていますが、もうちょっと太いタイヤにしてエンデュランス的に使っても面白いと思いますし、キャリアダボ類はついていませんが、バイクパッキング系のアイテムでツーリングに行くのも面白いと思います。




    メカディスクのタッチがいまいちの方はこの手のワイヤーで引っ張る「半油圧」キャリパーに交換するのも手です。

    油圧なので、メカディスクとは違い、ピストンが両側から飛び出るので片効き感が無く、パッドの出代が常に均一なので握り代が変化しません。

    熱膨張が~べーパーロックが~とかいう人がたまにいますが、オイル量が少ないので熱の影響を受けやすいと言えばそうなんですが、ブレーキを引きずらせながら連続1時間くらい走ってたら影響あるかもしれませんが、普通に走ってる分には全く問題ありません。問題が出たら別の原因の方が濃厚です。





    私も以前この手のブレーキ使ってましたので、何か気になることがあればお問い合わせくださいませ。



    さて、さらに話がそれてしまいましたが、オルタナディスク、店頭在庫サイズは475(173cm前後)M.BLKもラインナップにありますのでお取り寄せ可能です。

    今年はディスク系の車体が豊作なのでぜひ、ディスク車買うならディスクに手慣れた当店でどうぞ!




    441回の閲覧