© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

    Mk-Ⅱ

    何かをナンバリングしたりするのにMk(マーク)ホニャララという言葉はイギリスの習慣ということですが、身近に聞くようになったのは間違いなくガンダムMk-Ⅱからナンですが、輪界のMk-Ⅱといえばこいつですね





    TNI 7005MKⅡ \38,000-(+税) XLサイズ


    7005はご存知7005系アルミ合金の事で、最近のアルミフレームは6000系が多い感じですが、だからと言って7005が劣っているわけではありません。一部界隈には熱狂的なファンがいまだに居るこの7005MKⅡ。

    後から近付いてきたバイクがDOGMA(DURA-ACE組)より、7005MKⅡ( SENSAH EMPIRE組)のバイクの方がヤベェ感があるのは間違いないです。

    DOPEなバイクに乗りたかったら間違いなくこの7005MKⅡを手にしておいた方が良いです。






    ビードも武骨でコストを追求してスムージング等を排した結果です。

    男気を感じます。






    このめちゃくちゃシンプルで愛すべき7005MKⅡ、何もヤベェ自転車乗りのセカンドバイクだけが全てではありません。




    サイズもXXS~XXLの7サイズ展開

    カラーも7色と豊富、メーカーロゴはデカールが付属していますが貼らなければ好きなようにデコれますし、超シンプル。


    予算にあわせて仕様は無限大です。

    初めてのロードバイクにもピッタリではないでしょうか?

    サイズの採寸から組み立てまでお任せいただければ最高の1台を組み上げて差し上げます。



    そして、昨年からこの低価格アルミフレームの牙城を崩すフレームが現れました。





    NESTO ALTERNA フレームセット ¥39,900-(+税)


    これも相当安いです。

    しかし、カラーはマットブラック1色、サイズも3サイズのみです。これだけ見るとTNIの方が良さそうですが、このオルタナはヘッドが上1-1/8、下1-1/2のテーパーヘッドになっています。かつてアルミフレームが隆盛を極めていた時代がありましたが、現在はカーボンフレームに取って代わられました。当時のアルミフレームと圧倒的に違うのがカーボンフォークです。当時は上下1-1/8サイズのみでしたが、より剛性の高い下1-1/2のテーパーフォークを搭載したアルミフレームはヘッド周りの剛性アップで一線で戦えるくらいのポテンシャルがあります。

    ただ、さすがにこの価格なので、アルミテーパーコラムですが、フルカーボンフォークに交換すればより戦闘力を高めることができます(フォークの価格がフレームの価格を超えてしまいますが、それはご愛嬌というやつです)

    ヤベェオルタナ乗りになるのはきっと、この記事を読んでいる貴方です。


    このメーカーのヤベェ所はこのポテンシャルのフレームを使った完成車が6万円台から存在しているということです。(メーカーサイトが2020仕様になってませんが、当店にカタログがございますので、興味ある方はご覧いただけます)

    そして、このフレームは入荷が12月予定ですが、入荷してきます。


    そうなんです、NESTO当店で注文できます。

    今期は上位機種はオフロード系に特化しているので、グラベルからMTBまで中々リーズナブルな価格で良さそうなモデルが多いです。

    初めてのスポーツバイクにもいい4万円台からクロスバイクもラインナップしていますし、中々よいです。



    そして、次の週末が増税前最後の週末です。

    高額商品を購入するのでしたら最後のチャンスです。

    よろしくどうぞ!




    154回の閲覧